« k@telogを愛読してくださった皆様へ | メイン

星と木


星と木
木と星

背伸びしたら少し見える
木々の隙間の光小さな星

白い吐息が重なって
中くらいの雲になるとき

鼻の先が冷たくて
ドレミのラまで到達した

声を上げても届かないの

決して届くことはない


今度は高いドまで歌うから
その時はどうか耳を澄まして